2011年04月19日

アルバム:第2分科会

《第2分科会》
  


  

Picasaアルバムでも公開しておりますのでごちらもご覧下さいね。

☆Picasaアルバムもご利用下さい。 
 第2分科会 ⇒ クリア
posted by おやじサミット実行委員会 at 19:00| Comment(0) | サミットアルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告:第2分科会

第2分科会
 「広げよう!おやじの輪!〜ネットワーク作りと活用法〜」

ア 概  要
 “ネットワーク”という縦・横・斜めと言った様々な繋がりを持つことで、情報の交換・共有、悩み相談や助け合いができ、更なる活動の広がりが期待できます。そこで、既に県や市・身近な地元地域レベルでネットワークを立ち上げ・活動されているおやじ達の話を聞き、語り合って、今後の活動に役立てる。

イ 参加者数  35名

ウ 会  場  第一会議室、第二会議室

エ 内  容
 おやじの会のネットワークを立ち上げて、幅広く活動されているお二人の経験談を交えた実践発表の後、参加者全員によるおやじの会のネットワークづくりについて意見交換を実施。


<事例発表>
○ 菊地 孝浩 福岡市おやじネットワーク(福岡県)
・地元中学校で、「おやじの会」を立ち上げて14年となり、菊池氏自身も8年間のおやじの会の活動を通して、学校行事や地域行事を支援。特に「おやじの会」特製焼きそばやパエリアは大好評。
・一昨年には、校区内の2つの小学校に働きかけをして、おやじの会を立ち上げ、地域の中でのおやじの会の認知度も上がり、いろいろな所から声を掛けられるようになった。現在は、幼稚園にもおやじの会を立ち上げようと働きかけている。
・福岡市内に約130団体のおやじの会が活動しているが、それぞれの団体は個別の活動だけでつながりはなかった。2000年、福岡市おやじサミット開催を契機にネットワークをつくり、その後、年1回サミットを開催して連携を深める活動を展開。

○ 森田 眞利 京都「おやじの会」連絡会会長(京都府)
・平成14年に京都市内各地で父親を中心としたサークル活動が広まり、更に相互の連携を深めようとネットワークづくりにも取り組む。平成15年に京都「おやじの会」連絡会を発足させて現在に至る。
・平成16年からはホームページを開設して、おやじの会の活動を全国へ向けて情報発信。また、「おやじのちから」という新聞も定期的に発行して、幅広く活動状況を紹介。
・また、おやじの会の設立希望があれば積極的に支援し、また、子育てに協力してもらえる支援企業登録制度も創設し、行政や企業との係わりを深める活動にも取り組む。


<参加者による自由討論>
【意見交換】
・質 問: おやじの会のネットワークづくりの秘訣とは?
・回 答: ネットワークとは、一人のリーダーを中心とした組織ではないので、多くのおやじ達が気楽に集まり協力し合えるゆるやかな組織づくりを心掛けると、活動が継続する。

・質 問: 活動のマンネリ化防止対策とは?
・回 答: 新規にお父さんを勧誘するには、幼稚園や小学校の入学式が最も良いタイミング。さらに、新規会員に対して定期的に連絡し参加を呼び掛けるだけではなく、興味を持ってもらうためのゴルフ大会の開催等も工夫。
・質 問: おやじの会の活動を広めるには?
・回 答: おやじの会の活動を広めるには、学校の理解や協力が最も重要。特に、学校管理職(校長や教頭)の理解を得る取り組みと、普段から学校に顔を出して多くの先生がおやじの会の存在を知ってもらう事が重要。

【参加者の感想】
・おやじの会の組織作りとして、新規勧誘にはいつも頭を悩ましていたが、解消できた。
・活動資金はPTAからの限られた資金に頼っていたが、おやじの会自体で容易に集められている事を知り、参考になった。
・おやじの会のネットワークづくりは、活動マンネリ化防止や他の団体との交流を深められる相乗効果があり、とても重要な活動だと思った。
posted by おやじサミット実行委員会 at 18:00| Comment(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。