2011年04月16日

報告:開会式


 いよいよサミット本編の報告となります。
 これからは実行委員会で3月末に取りまとめた報告書をもとに、アルバムと並行させながらアップしていきます。
 「報告書」というカテゴリを新設しましたので、そちらをご利用くださいね。



開会式 (13:00〜13:20) 〔会場:あいめっせホール〕

@ 開会宣言
○ 北口 俊一 全国おやじサミットin兵庫実行委員会事務局長

A 主催者あいさつ
○ 黒田 賢治 全国おやじサミットin兵庫実行委員会委員長
・今回のサミットのテーマ「おやじの輝きは子どもたちのはばたき」とは、おやじの会の活動で一番大事なことは、おやじ自身が楽しみながら行事に参加し、地域で輝く存在になる。そういうおやじたちが見守る地域で育つ子どもたちは、安全安心な懐の中から、大きく、より高見をめざしたはばたきができるという思いを込めて付けました。
・姫路市の父親教室というPTAを枠組みにした制度で、いろいろな父親との関わりや経験を活かして2006年に発足した網干おやじ塾。その活動の中で初めて参加した「鳥取おやじサミット」で感銘を受けて、いつか兵庫で、姫路で開催したいという願いが本日かないました。これまでに全国の先輩から受けた暖かい支援に感謝します。
・本日のサミットでは、東京からアフタフ・バーバンの北島氏にお越しいただき、共に感じる「共感」から、一歩踏み込んだ響き合う関係づくりになればという思いから「響関者」をテーマに講演いただきます。
・また、本日のサミットの特徴として兵庫県にお力添えをいただき、おやじの会の自由奔放な活動と行政の施策とうまくマッチさせていろんな面で支援をいただいています。サミットが終わっても、その成果を生かして兵庫県内でいろいろな交流が深まることを一つの願いとしています。本日はよろしくお願いします。

○ 金澤 和夫 兵庫県副知事
・兵庫県では2年前から「ひょうごおやじネットワーク」を立ち上げ、おやじの会同士のゆるやかなネットワークをつなぐ取り組みを進めていました。
・今年は特に「おやじ元気プロジェクト」として、父親と子どもが体験を共有する「おやじ元気プログラム」の開発、おやじの会で活躍している方をおやじの会の活動の助言者として紹介する「おやじ元気仕掛人」、県内の姫路、小野、神戸、豊岡の4都市で地域のおやじの会のネットワークづくりを支援する「おやじ元気サミット」の3つの取り組みを進めてきました。そして、このプロジェクトの最後を飾るのが本日の「全国おやじサミットinひょうご」です。
・全国におやじ達のネットワークが広がっているという価値は大変高く、貴重なことです。本日集まった皆さんが、新しい明日の一歩のエネルギーを充填して、地域を元気にして、本当に子どもたちがはばたけるような地域づくりをしていただくことを心よりお願いしたいと思います。それぞれの地域で活躍して、地域を、リーダーとして引っ張っていただくことを心からお願いします。


B 来賓あいさつ   南都  彰 姫路市副市長
・全国より当地姫路にお越しいただきましたことを心より歓迎申し上げます。近年の子どもたちを取り巻く環境を見ると、親子のコミュニケーション不足や、子どもの体験活動の不足など、大変厳しいものがあります。
・姫路市では、父親も積極的に子育てに参加していただけるように、学校や企業グループを対象に父親教室を開設し、父親としての資質を高め、様々な体験活動を交えながら、親子のふれあいについて学習する場としています。
・本日の「全国おやじサミットinひょうご」では、皆様のそれぞれの実践活動の紹介と情報を共有し、課題を検討していただくことは大変意味があり、本日の成果を各地区に持ち帰って広めていただくことで、よりよい親子関係を深めるとともに、地域社会の情勢に一層寄与していただけると確信しています。
・最後に、本会が実りあるものとなりますよう祈念申し上げてお祝いの言葉とさせていただきます。


C 来賓紹介
登壇されている来賓の方々を紹介
・南都  彰  姫路市副市長
・竹花  豊  特定非営利活動法人おやじ日本理事長


                       以 上
posted by おやじサミット実行委員会 at 18:15| Comment(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。