2010年10月16日

実行委員長からのごあいさつ

 全国の「おやじ」のみなさん、子ども達のため、また家庭や地域のために日々奮闘されているその「おやじの背中」にまずは敬意を表させていただきます。

 さて、いよいよ第8回目を数える全国おやじサミットを、来る2月12日(土)、お城のまち、兵庫県は姫路市で開催します。 
 テーマは、 「おやじの輝きは 子ども達のはばたき!!」です。

 おやじ活動を取り組んでいく上で大切なこと・・・、それはまず自らが楽しんでいるかということではないでしょうか。
 共に感じ合える関係から更にお互いが作用し合える響き合いの関係へ、そうしてつながり合っていくことで、同じ取り組みであっても、その成果、達成感、みんなの笑顔はひときわ鮮やかな輝きを放つはずです。
 そんな「おやじ」達がいきいきと、またあたたかい眼差しで見守る地域で育つ子ども達は、安全、安心というしっかりとした懐からきっと大きな羽ばたきを見せてくれることでしょう。

 今回のサミットでは、このようなテーマに沿った参加体験型基調講演や、様々な分科会を企画して、参加者全員でキラッと輝く「おやじ」を目指す修業・討論の場を作り上げたいと考えています。

 私ごとですが、姫路市の父親教室という制度を活用してPTAで「おやじ」としての活動を経験し、子どもの卒業を機に「もっと自由に、より広く地域の中で永続的に取り組んでいけたらきっと面白い!」という有志で立ち上げた網干おやじ塾を通じて、これまでにたくさんの方々とつながることができ、これからもその広がりが続いていくことに大きな期待をしているところであり、毎年の全国おやじサミットへの参加もいつしかその大切な恒例行事の一つとなっています。

 兵庫県でも是非やりたい。
 そんな荒唐無稽な、でもすごく素直な感想を持たせてくれた鳥取サミット。

 以降、塾の仲間と思いをあたため、また、これまでに全国サミットを開催してこられた先輩方々のあたたかいご支援にも励まされながら、県内での土台作りとして、ひょうごおやじネットワークや姫路おやじネットワーク等々の枠組みが、たくさんの響関者の力で形を成していく中に身を置くことができたことに、「おやじ」のつながりの素晴らしさを痛感しております。

 また、私達の兵庫サミットは、兵庫県等の自治体が大きく力を貸して下さって開催に至ろうとしていることもお伝えしたい特徴の一つです。
 おやじ活動を自由に展開していこうとする私達の思いと、自治体としての施策の重なり合う部分を整理し、お互いを尊重しつつ・・・、というよりは終始裏方に徹する形で一緒に取り組んで来て下さいました。
 おやじ仕掛け人、おやじ元気サミットの県内各地での開催等々をはじめとする兵庫県の「おやじ元気プログラム」は、私達「おやじ」と自治体が知恵を出して作り上げた一つの成果物であると自負しております。
 サミット開催が終点ではなく、サミットが終わった後も県内に「おやじ」のつながりが根を張り、芽を出し、花を咲かせる土壌を作る取り組みを行っているという思いがあります。

 是非兵庫県へ、姫路へ!

 県内・外の「おやじ」、そして協同する多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 
                      第8回全国おやじサミットinひょうご実行委員長 
                                          黒 田 賢 治
posted by おやじサミット実行委員会 at 12:16| Comment(2) | 実行委員長からのごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。